ミントンの上達方法には、環境も大きく関係しています。もちろん、本人の努力は非常に大切です。しかし同時に、自由に使える体育館がなければ、その努力さえも限られてきます。同じ才能を持っていて、同じ努力をしてもつくコーチによって差が出てしまうのは明らかなのです。

では、良い環境の条件とはどのようなものがあるのでしょうか。それは・部活の戦略・システム及びライバル間競争・要求されているレベル・具体目標、技術目標・つて、人脈、人材つまりコーチ、スタッフ、先輩、友人など・インフラ、つまり体育館の利用時間、トレーニング場、コートの数など、があげられると思います。

人脈についても実力のあるコーチを探して教えてもらうことが理想なのです。コーチは「短時間でいかに効率よく選手を指導できるか」を追求したプロです。実力のあるコーチをつけることで、自分の知識や計画を利用するよりは確実なはずです。選手を観る目も非常にいいはずです。

コーチをつける費用がないという場合は、コーチではない人をコーチにしてみてください。例えば、先輩の技術がいいなと思ったら、その人を指導者だと思い学んでみましょう。時にはそれが対戦相手だったり、対戦相手のコーチになることだってあるのです。

バドミントン 練習