『草枕』は夏目漱石が明治39年に発表した小説である。
小説の冒頭にはあまりにも有名な文章がある。
「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい」。
う~ん、なるほどまさしくその通りである。
時々、強烈なパンチを世の中から受けることがある。立てないくらいのパンチがボディブローに何発も打ち込まれる。
そんな思いを皆さん誰しも経験したことがあると思います。それのパンチも自身が招いたものと私は考えます。
智に働いたのか、情に流されて溺れそうになるのか、意地を張って見捨てられるのかそれはわかりませんが、
人の世は住みにくいと思うときが多々あります。
そんな人の世を住みやすいものにするためには自分自身が変わらなければなりません。
自身に変化をもたらせるためにはそれなりの方法があります。
その方法の一つで最高峰との呼び声が高いのがアンソニー・ロビンズによるコーチングです。
彼から学ぶためにはおそろしいほどのお金が必要です。でも、弟子から学ぶとそうでもありません。
日本で学ぶなら井口晃から学べとアンソニーは言っています。