時代劇を見ていると武士の切腹のシーンが出てきますが、 これを見て、外国人はなんて残酷な死に方をするんだと思うそうです。 私たち日本人は時代劇の影響からかあまり不思議には思わないのですが、 外国人には不思議に思うそうです。 確かに冷静に見ると、切腹で死ぬのはかなり勇気が要ります。 しかもすぐには死ねません。だから切腹と同時に首を切る介錯人がいます。 普通に考えれば、頸動脈を切ったり、心臓を刺したりするほうが死ねると 思うのですが、なぜ武士はわざわざ切腹という方法をとったのでしょうか。 これには、昔の人の考えが理由でした。 それは、昔の人は脳や心臓ではなく魂は肝にあると考えていたからです。 肝に命じるとか肝をつぶすは、この考えから来ているそうです。 魂がある腹を切ることで死ねると考えていたそうです。 また、切腹は痛いものだと言いましたが、痛い死に方をするからこそ 武士の威厳が保てるとも考えられていたそうで、庶民にはとても真似のできないことのようです。

 
車下取り 査定