口の中もきれいにお掃除!歯を白くする重曹磨き!
重曹ってご存知ですか?重曹は別名「ベーキングソーダ」とも呼ばれている天然素材で、飲食しても安心です。弱アルカリ性で研磨効果や消臭に優れているのが特徴です。
重曹で磨くと
■歯の表面にこびりついた茶渋やコーヒー・紅茶などの色の汚れを取り除きます。
■日数は掛かりますが、たばこのヤニも少しずつ落とすことができます。
まずは重曹ペーストを作ります。
大さじ1の重曹に水を数滴たらして、やや固めのペーストを作ります。
歯を磨く際には唾液が出てきて自然とペーストが柔らかくなるため、最初は固めの方が使いやすいです。
そして、重曹ペーストを指に取り、汚れの気になる歯にこすりつけます。そのまま5分間放置してください。

次に歯ブラシで磨きますが、歯ブラシ選びも重要なポイント
歯ブラシはできる限りソフトで一本一本の毛が細いものを使用します。
硬くて毛の太い歯ブラシだと、歯の表面を必要以上に研磨したり、歯間を掃除しにくいなどの難点があります。

磨き方は、力を入れずに軽くブラッシング。
普段の歯磨きと同じように歯全体の内側・外側・間を丁寧に磨いてください。特に汚れの気になる部分は、力を強く入れるのではなく、磨く時間を長めにしましょう。

磨く頻度は週2回程度、最初は重曹を「しょっぱい」と感じるでしょうが、次第に慣れます。
輝く口元美人目指してくださいね!

 

ミュゼ 秋田