自動車のパーツは査定にプラスに働くのか?車のパーツとはいえ、種類は様々。ということは買取額も当然いろいろです。
一般的には、自動車メーカーのパーツ(純正のパーツ)は、大人気なのでプラス査定になる確率が高いと思われます。
それに比べてメーカー純正でない他のものは残念ながら自分の思っているような買取額がもらえなかったり、見積り額が下がることもあります。
その理由としては、そういう車のパーツの趣向が人それぞれであり、原型の車でないことで中古車の需要がなくなってしまうことが多いからです。
それでもこの場合でも純正であるパーツがまだ残っていればOK。色を変えているなど特にしていなければ問題ありません。
ここで、社外パーツを付けてしまっている場合にちょっとでも高額買取りしてもらうテクニックをお伝えしましょう。一般的なショップではパーツ専門店での査定ほど部品の価値が低く設定されているといった傾向があるようです。
そのようなわけで純正以外のパーツを装着しているクルマを買取査定する場合、パーツ買取を別でしてもらうことも含めたくさんの無料査定サービスの査定結果を出してもらうといいでしょう。
加えてパーツのクオリティによって高額の買取額を得る方法が変わってきますので、
・自動車につけたままでゆっくり買取をしてもらう。
・パーツを外して専門のお店で買い取ってもらう。
・多少のめんどくさいがオークションで下取ってもらう。
・売却せずにほかの車に流用する。
といういくつかのパターンからどの選択肢が自分に一番いいのかを比べてみて買取業者を最終判断することを強くお勧めしますね。
車買取神奈川