最近便通があまりよくなくて、排便した時にもコロコロ便が出て残便感があったりしてスッキリしないなぁと感じたりしていませんか?コロコロ便になってしまう原因は様々なですが、おもに腸の異常によるものであると考えられやすいですね。もし精神的に強いストレスを日ごろから受けていたりすれば、自律神経が乱れてしまうことから交感神経の作用が強くなってしまい、腸が過敏になってしまうことから運動機能が活発になり過ぎてコロコロ便や下痢便などの原因になってしまいます。腸が活発になり過ぎている時には主に下痢の症状が見られますが、過敏に動き過ぎて引きつってしまった時には便秘の症状が見られ、硬いコロコロ便や細い便などが排泄されます。このような症状を痙攣性便秘と言い、腸が活発になり過ぎて痙攣してしまうことで便秘になってしまうという症状です。痙攣性便秘は過敏性腸症候群の症状の一つであり、この場合には強いストレスから避けるようにしたり睡眠をしっかり取るようにするなど根本的な原因である過敏性腸症候群を改善しなければいけません。そして、痙攣性便秘だけでなく、直腸性便秘や弛緩性便秘と呼ばれる便秘の症状でもコロコロ便になってしまうことがあります。便が腸内に長い時間溜まってしまうことで腸壁から便の水分を吸収され、水分を吸収された便は硬くなって柔軟性を失います。こうした便が腸に溜まっていくことで出口が小さくなり、うまく排泄されないことで起こったりします。そのため、便を柔らかくして腸の働きを良くすることがコロコロ便を解消する上でとても大切だと思われます。便を柔らかくするためには食事内容を改善したり水分補給をこまめに行うようにすること、そして腸の働きを良くするためには善玉菌を増やしたり、規則正し生活習慣を心掛けたり、日頃から運動不足を解消するように努力することが大切です。