近頃注目されているデザイナーズマンションですが、実際に資産価値はあるのでしょうか?

「デザイナーズマンション」は、やはり割高感があるようです。
なぜなら、外観やインテリアが画一的にできていないから、その分どうしてもコストが掛かりますから。
もちろん、資産価値としてそれ相応に評価されれば文句はありませんよね。

しかし、不動産ですので、もうひとつ大きな要素があります。それは立地です。
それは、駅から何分という利便性だけではなく、住み心地や周りの環境も大切です。

これらのことは購入時に気になることですが、マンションの資産価値自体は、それを販売しようという時に大切なポイントとなります。
この時に価格を左右する重要な要素はもうひとつ、築年数ではないでしょうか。

ただ、築年数も、これを超える立地であったり、環境であったり、デザイン性の高い内外装というポイントがあればカバーできるようです。

デザイン性がよく、住み心地のよいマンションで、周りの環境も快適であれば、十分満足できる生活がおくることでしょう。
そんなデザイナーズマンション・ライフを楽しみましょう!

デザイナーズマンション経営もよさそうですよ。