プロ野球選手といえば高級車に乗りつつ球場入りするというイメージがありますが、最近面白いニュースがありました。4月23日の西武−ロッテ(西武ドーム)での試合で先発したロッテの西野投手は年俸推定440万円で自動車免許もないそうです。それで先発ながら埼玉浦和のロッテ寮からJRと西武鉄道を乗り継いで球場入りしたそうです。しかもバッテリーを組んだ江村捕手も車がなく電車通勤だったそうです。
 プロ野球選手は過去のいろいろな問題から免許取得や車の購入にいろいろな制限がかかるのですが、一軍の試合も現地集合だなんて驚きです。バスで送迎とかしてくれてもいいのにです。
 電車通勤で有名な選手もいて横浜のラミレスはヤクルト時代から電車でスポーツ新聞を読みながら球場入りするのが日課ですし、故仰木監督も電車通勤で有名でした。
 でもいざというときに必要ですし、夢を与える職業ですから自動車免許を取得して車は持って欲しいです。早く活躍して車に見合った年俸を貰えるといいですね。