パーツは見積りに影響するのか?カーパーツとは言っても、数は膨大。というわけで、買取額も変化してきます。
たいていは車メーカーのパーツ(純正メーカーパーツ)は、かっこよく、見積もり額があがるパーセンテージが高いと思われます。
しかし純正メーカーパーツじゃないいわゆる社外パーツと言われるものは、一般的には期待している買取額が提示されなかったり査定額が下がってしまうこともあるようです。
理由としてあげられるのは、パーツの趣味が一人ひとり違うので逆にパーツがついていることで中古車の需要が減少してしまう可能性があるからです。
けれども本来ついていたメーカー純正パーツがまだ残っていれば心配ありません。穴をあけるなどの改造を施していない限りはOKでしょう。
ここからは純正でないパーツを付けている場合にちょっとでも高く査定してもらうポイントを紹介しましょう。一般の買取ショップでは、専門の方向性によって社外パーツの査定が低いといったケースが報告されているようです。
というわけで純正以外のパーツを装着しているクルマを査定してもらう時、パーツショップを含めた複数の買取会社の見積り額を比較するとベストといえます。
加えて社外品パーツの質によって最善の査定額を得る手法もいろいろあるので
・クルマに付けたままでしっかり下取り額を出してもらう。
・自分で取り外してパーツショップで売却する。
・ちょびっと時間がかかるが、ネット上で買い取ってもらう。
・自分で保管して、新たな車に装着する。
というような選択肢から、金額的にどれが有利になるのか、比較してみて下取り業者を選ぶことを強くお勧めしますね。
車査定茨城