最近は、入籍と披露宴を同時にしないカップルも多いみたいですね。仕事などの都合で、一番時間の取れる落ち着けるときを選んで改めてというのも良いのかもしれません。ジューンブライドと言う言葉がありますが、本当に6月結婚式に一番代表的な月なのか、気になったので調べてみました。

結婚式と言っても、入籍月と披露宴とありますが、まずは披露宴についてです。日本は梅雨があるので、6月は基本的に避けられるそうです。その、苦肉の策と言うか閑散期にどうやって人を呼ぶかという知恵で【ジューンブライド】というヨーロッパの言い伝えを持ってきたようです。「6月に結婚した花嫁さんは幸せになる」と言われると、それに乗ってみたい気がしてきます。そんな心理を上手くくすぐる作戦ではありますが、やはりお天気が悪い、じめじめした時期に式を挙げるのは、新郎新婦にとっても参列される方たちにとっても余り良いコンディションではないことから、実際の数は多くはないようです。一番多いのは、9月から11月の秋、お天気が安定している事と、行事に重なりにくく参列者の負担になりにくいからさそうです。中でも、10月が一番人気だとか・・・その次は、4月、5月の春だそうです。入籍では、一番が12月、これは確定申告の関係が大きいようです。
結婚式ビデオ【ナナイロウエディング】