クエン酸を駆使してキッチン掃除を行うことが可能です。
とりわけクエン酸は、弱酸性なので、ミネラルや水垢などといった主にアルカリ性の汚れをきれいに落としてくれるのです。
水垢が溜まりやすいシンク周りのアイテムなどには、直接クエン酸をまいた後、スポンジでゴシゴシすると汚れを除去することができます。
それに、シンクや水栓をはじめ水垢が目立ちやすく、面積の大きいところには、クエン酸を混ぜた水を霧吹きでスプレーして汚れを取るのが適しているでしょう。
クエン酸水スプレーを吹き付けて、しばらく様子をうかがい、スポンジやタオルを利用して擦っていくと汚れが取り去れます。
それ以外に、冷蔵庫や食器棚を綺麗にするには、クエン酸水を吹きかけて、タオルで拭き取るのが効果的です。
どの場所でもクエン酸で掃除をした後は、乾いたタオルや雑巾で汚れをしっかりと拭き取る必要があります。
キッチンの排水溝というのは、ちょこちょこ掃除しておかないとぬめりや汚れが物凄く、汚れ落としが困難になります。
ところが、クエン酸を粉のまままいて、スポンジやたわしを使うとぬめりや汚れを除去する効果が期待できます。
さらに、排水溝の掃除の際に重曹も同時に使うと汚れが中性化するので、成果がもっと出るでしょう。
クエン酸とは反対に重曹は弱アルカリ性なので、クエン酸が有効に働かない汚れも除去してくれます。
さらに、クエン酸だとなくならない臭いもなくしてくれるため、悪臭も一掃してくれるでしょう。
このクエン酸というものは、頻繁に電気ケトルを洗うのにも利用されています。

 犬分離不安