マラソンの中継等を見ていたら、プロの選手は手袋やサングラスをされているのがよくあるとおもわれますねよね。これはもちろんとして、その際の状況に応じて、各選手が「必須かどうか」を分別して活用しています。例えば、サングラス(ラップアラウンド型やラップ型と呼ねれるフェイスを覆う形のものも人うけです)はふつうのサングラス(ラップアラウンド型やラップ型と呼ねれるフェイスを覆う形のものも人うけです)とは全然異なる形のものを活用していますが、あれは単にファッション性だけでそのようなものを選んでいるわけでは無いです。ちょっととはいえスピードを重視したランニングをする為には、ほんの少しとはいえ身軽な方が有利である事はいうまとはいえ無いという事なんであるとおもわれます。そのために、出来る事なら、サングラス(マジックミラーや偏光ガラスが使われていたり、度が入っていたりする事もあるとおもわれますね)等はし無いに越した事は無いでしょう。特に走っている時にサングラスがずれたりすると、気になって走りに集中できなくなってきます。ずれたサングラス(ラップアラウンド型やラップ型と呼ねれるフェイスを覆う形のものも人うけです)を直す為にあまった動作をするのも、走りに影響してしまったりするかもしれませんね。なのですので、サングラス(紫外線から目を保護する目標でかけられる眼鏡ですが、ファッションアイテムとしても用いられます)はランニング用の特別なものを使います。ランニング用サングラスは、極力そういった事が起こら無いように創られていますし、紫外線防止機能はもちろんとして、汗をはじく機能を備えた材料で創られている事が殆どです。サングラス(ニッケルやクロム等で着色し、紫外線の害が目に及ね無いようにしています)をするいちばんの目標は日よけとはいえ、夏場にはサングラス(マジックミラーや偏光ガラスが使われていたり、度が入っていたりする事もあるとおもわれますね)によっても体感温度が涼しく成る事もあるとおもわれますね。一方、手袋は寒さを防止するためだけに着用する訳では無いんです。汗を拭く事にも活用されます。とは言え、手袋によっても暑さが増し、それがランニングに影響してしまう場合もあるかもしれませんね。それらをイロイロとかんがえた上で、各選手がどうするかを選択するするようにするべきだと言われるんです。手袋の場合には、暑くなったら外す人も数少なく無いものです。
矢野準也 評判