アルカリ性食品が健康にいいということで、以前から注目されています。
ところが、アルカリのいいところを強調するあまり、酸性食品が悪玉にされてしまった気も
します。その一例が「酸性食品ばかり食べていると血液が酸性になる」と信じている人がいる
ことです。
血液や体液はpH7.4前後の弱アルカリ性なので、短絡的に酸性のものがいけないというので
しょうが、食べ物で簡単にこんなことが起こるとしたら大変です。
血液は弱アルカリ性だから重要な働きができるわけで、酸性に変わったら、もう血液として
機能できません。あるのは死のみです。
それでは困るので、それぞれの器官が連係し合い、常に血液のpHを一定に保たせているのです。
もちろんこれは、酸性食品だけでなく、アルカリ性食品ばかり食べた場合も同じことです。
では、どうしてアルカリ性食品が特にいいとされるのでしょうか。
これは、「日本人にとって」と付け加えて考えると分かりやすいでしょう。
まず第一に、日本の水は基本的に酸性であるということです。私たちは飲み水によって、ふだん
かなりの量の酸性食品を取り入れているわけです。
第二が、食生活の欧米化です。外食が多くなったこともあって肉を食べる量が非常に増え、逆に
野菜を取る量は激減しています。”食そのものが酸性化している”というわけです。
水で酸性体質になっている上に、さらに酸性の食品を食べる。このようにバランスの狂った食事
をすると、体内のpHを保つために、体の諸器官は無理をして必要以上の仕事をしなければならなく
なります。その無理がたたって体が疲弊し、免疫力を失って生活習慣病などにかかりやすくなって
しまうわけです。
ヨーロッパの場合は逆で、水はアルカリ性です。したがって肉を食べることは、彼らにとって
理にかなっているのです。
脱毛ラボ立川