毛が皮膚と皮の間に埋もれてしまうのを「埋もれ毛」といいます。埋もれ毛になると毛穴が黒ずんだりブツブツになったり、皮膚下でそのまま伸びてしまう場合もあります。

原因の多くはカミソリや毛抜きで行った自己処理だと言われています。更に毛抜き処理の際にお肌への保湿が不十分であることも多いようですね。特に毛抜きなどで毛を抜く処理をすると埋もれ毛になりやすいと言われています。通常毛は毛先よりも根本の方が太くなっているので、抜くときに毛穴に引っかかって炎症を起こし、毛穴が塞がれて埋もれ毛になるということですね。一度埋もれ毛になると皮膚下を傷つけて毛を引き出さないといけないのと、傷ついた皮膚が治るのに時間がかかり大変です。また、カミソリも剃るときに肌の表面が若干傷つけられたりします。その傷が修復されるときに毛穴が塞がれて埋もれ毛になったりします。一度埋もれ毛になるとその部分は再発しやすくなるので、お肌や毛穴にダメージの少ない処理方法に変えることをお勧めします。

ミュゼ 脱毛サロン