国際連合を始め国際社会が緊急援助を開始しているが、決して十分ではない。このままでは、世界で約10億人とされる絶対貧困者 (1日1ドル以下で生活する人)を2015年までに半減するという「国連ミレニアム開発目標」達成への努力が、水泡に帰してしまうことになる。
 一方、石油や食物価格の高騰は世界に及び、発展途上国、先進国を問わずインフレ圧力が加わって景気後退や不況をもたらした。国際商品市場に殺到した投機的資金が、貧しい国に飢餓と暴動をもたらし、世界の人々の台所を直撃し、そして景気後退をもたらしたのである。
 ひるがえって、10年ほど前にも投機資金による世界的な問題が起きている。タイを皮切りに、マレーシア、インドネシア、フィリピン、韓国を襲った1997年の通貨危機である。
  この危機の引き金を引いたのは、ヘッジファンドなどの大量の短期資金の流入と流出であった。
アテニア インナーエフェクター ベーシックスキンケア トライアルセット