近頃、キャッシュカードやクレジットカードだけでなく、ローン用のカード
なども一般的に普及しているので、これらカードのセキュリティ対策が
大きな課題になっています。
意外にもコンピュータ犯罪を止めるツールや技術は周知で手元にあるが、
管理者は日常の雑用に追われていて、セキュリティ対策を実行する時間がない。
よって、ネットワーク上には、パッチのかかっていないソフトウエアや
問題だらけのセキュリティ方針などが存続しているのは一般的には
知られていない。

しかしクレジットカードなどの盗難がおきるまでは、そのようなネットワークも
完ぺきに見えていたはず。これら盗難による被害はについて、専門家の見積りは
驚くべきもので、2000年のコンピュータ犯罪による損失は、3.77億ドル
と言われている。

日常のセキュリティのための習慣について、ネットワーク管理者がもっと
セキュリティに気を配ることと、ユーザーもパスワードの非共通化や
高度なセキュリティを備えたカードを利用すべきである。とくに融資額が
大きくなるカードローンについては、高度なセキュリティをもった
サービス会社を利用すべきである。2634.jp