農業は、現代職業にあっても、本道ではなく常に脇に追いやられてきました。工業の近代化がその方向性を決定づけ、高度成長の恩恵を受けた職業とは違い、農業はほとんどその恩恵を受けなかった。

IT技術の進歩をしてきた中でも農業は基本的には無縁だった。そういった状況の中、農業は全体的には、今でも徐々にまた確実に衰退している様子である。そんな中、農業、養鶏、養豚などの職業は「若者のつきたい職業のナンバーワン」になるべきだと強い主張をする声がある。そして、そのためには農業、養鶏、養豚などの職業はビジネスであるし、ビジネスとしなければならないと言い切る。養鶏であれば、「温かい卵を直接お客に届ける」という理念が必要であるし、その理念は普遍とならなければならず、それはブレてはならないことである。「都会にあって過疎地にはないもの」ではなく「過疎地にあって都会にないもの」に目を向ける発想の転換ができれば、人はきっと「過疎地には宝の山が埋もれている」だと気がつくはずである。
韓流,無料,動画,hulu,お試し,いつでもどこでも,端末