多くの人がお金に関してのイメージとして持っている概念に、「豊かさ=お金の総量」というものがあるといわれていますが、このテーマの中に潜んでいる答えは決して一筋縄ではいかない複雑さがあり、民主主義の膨張した現代においては、もはや考え方ひとつとってもカテゴライズできない煩雑構造になっているため、昨今様々な議論があらゆるところで巻き起こっています。

そもそも豊かさとお金というものの結びつきを考える上で、資本主義というものを抜きにしては何にも語ることができないというほど、現代の私達の生活の中には資本というもに意識的にせよ無意識的にせよ翻弄される個々人が確かに存在しています。

どんなに聡明な諸先生であれ、思考より肉体を酷使する職業就くく人であれお金をはらう代わりに生活を、そして命をつないでゆくために必要な衣食住を満たすという方法は変わりませんから、どんな人と物質的な社会の間にはお金というものの存在が無条件に肯定されているわけです。

必要なお金というものについて考えていった際、預貯金という概念がどのように作用するかはまた別の機会にお話したいと思いますが、とりもなおさず現代人にとってお金は必要不可欠な存在であることにはかわりがありません。

キャッシング 初心者