仕事をよりよく進めるためには幅広い情報が必要ですね。これは仕事に限らず、趣味など様々なことでも必要なことだと思います。仕事において、「本社はもっと支店の現状をとらえて役に立つ情報を送ってくれるべきだ」とか「営業マンはわれわれ開発部門に協力する気はないのか。何も情報をくれないではないか。」などと、うまく自部門の業績が伸びない時はつい他部門に対して不満を漏らすことがあります。ここで考えてください。相手から情報をほしい気持ちと、相手に対し役立つ情報を提供してあげようという気持ちと、どちらのウェートが高いですか?人間は勝手で、わがままです。提供するよりも要求する気持ちのほうが強いものです。しかし、そんな気持ちではなかなか真の情報は得られません。情報を得ようと、忙しい相手にただ頼んだのでは拒否されるだけです。しかし、こちらが相手に日頃から情報を提供しているとか、相手に「協力しよう」と言わせる何かを持ち合わせていれば、快く情報も得られるのです。情報収集のコツは、日頃のコミュニケーション、関わり合いを大切にすることです。多くの人と知り合う積極性も必要です。仕事上の関わりだけでなく、個人対個人の関わりも開拓していかなければいけませんね。ナースジョブ