代謝が良いほうがダイエットにはいい。気温が高く、暑いと食欲もわかない。

がしかし暖かいところに住む人は、貧しい国ではない場合太っているイメージがある。

少なくともぽっちゃり体型で、気質もゆるく穏やかでおおらかな、例えばハワイでフラダンスを踊るの日に焼けたふくよかな気のいいおばちゃんが浮かぶ。

逆に寒いところに住む人は代謝が悪いことや寒くなると食欲が増えることから太っている人が多いはずだが、

細いというイメージしかない。とはいえ偏見なので実際のところは知らない。

寒いと冷え性が悪化して足もむくんでしまう。スリムレッグラボ

冬期性うつ病なるものがあるが、年中寒い寒冷地に住んでいる人はうつ気質がある人は一年中うつになるはずで、どうやって生きているのか甚だ疑問である。

極寒の地とまで行くともう想像の域をこえていて、「なぜ先祖はそこに住んだ?」としか考えられない。

痛いような寒さが好きでそこに住んでいるというわけでもないだろう。

気温は個人的な好みなのだろうか、でも春の陽気や初夏の気持ちよさが嫌いな人はいないと思う。

つまり、人間の気候に対する感情は全員同じで、価値観や文化によって好きとか嫌いとかには分かれないと思う。

個体差により、寒さに強かったり、暑さに弱かったりすることはある。太っている人が大して暑くない日でも汗をかいていて

僕は冬が好きなんだといえばすごく納得できる。そういう人たちがかつて寒冷地に移住したのだろうか