アルバイトの面接で服装はどうしよう、と考えたときに
塾の講師や事務職や営業職などの面接ではスーツを着て行ったほうがよいでしょう。
飲食業などでは、爪は短く清潔にしていったほうがよいでしょうし、髪も長い場合は結んだほうが印象的によいでしょう。
なんでも常識をはみ出さないようにを心がけていれば何か間違いを起こすことはないでしょう。考えてそれで大丈夫かを確認すること。決して自分の思い込みで判断することのないように。周りのアドバイスがあればそれに従うこと。年長者の意見は尊重するべきです。
飲食店などでは明るく元気な印象を与えたほうが良いですし、落ち着いた職場ではきちんとした言葉づかいで、派手な化粧はしないよう、そういったことにも気を配ってください。同じ洋服を売る仕事でも、百貨店の直の雇用でしたら、できるだけ装飾をなくして地味目にしたほうが良いですし、ブランドの雇用でしたら少し化粧も工夫してそのブランドのイメージに合わせるなど、柔軟に対応して面接官に好印象を与えるようにしましょう。

バイトル