白髪染めとヘアカラーとでは「髪の染め方」が違います。ヘアカラーでは白髪を染めることはできません。市販のヘアカラーにも「白髪染めはできない」との表記を見つける事ができます。

ヘアカラーは通常の毛髪用に作られ白髪染めは白髪染めように作られているように、白髪と白髪ではない毛髪では染まりかたが違うので、ヘアカラーでは白髪は染まりません。

けれど、白髪染といっても「白髪だけが染まる」という事はなく、白髪染を使用すれば、白髪ではない毛髪も染まります(白髪よりも濃い色に見えます)。

髪の毛に色を染めるには「髪の毛のキューティクル」を開いて染めることになります。この時、開いたキューティクルからたんぱく質(アミノ酸)が流出してしまうので、髪の毛を染める「前と後」に「しっかりとしたヘアケア」をしなければ、髪の傷みはそのままなので、髪の毛がやせ細り、パサパサになり、切れ毛や枝毛ができやくなります。
人気の天然素材から生まれた利尻ヘアカラートリートメント評価が高くなっています。
美容院で髪を染める場合でも自分で髪を染める場合でも、薬剤の内容や質に違いはあるでしょうけれど、この染める仕組みは同じなので、自分で髪を染めたときには、ヘアケアを忘れないようにしましょう。

白髪染めの薬剤を誤って床や畳に落としてしまう事もよくあるようですが、落ちた薬剤はなかなか取れない(落ちない)ので、新聞紙などを敷いて行ったほうがよさそうです。