不動産買取のメリットとしては、仲介ではないので、仲介手数料(物件価格の3%)が必要ない。買手が個人ではないので、売却後の瑕疵担保責任が免責される。買取会社が直接買い取るために、現金化が早い。買い替え、任意売却、相続、転勤などの事情で、ある期限までにどうしても現金化しなくてはならない場合でも、すぐに対応できる。仲介のように部屋を見に来たりネットやチラシで売りに出しているのを知られることなく、秘密で売却できる。一般的には売りにくい、現行法では違法となる建築物(既存不適格)や、建物を建ててはいけない土地(再建築不可)でも対応できるケースがある。
■不動産買取のデメリットとしては、一般的に買取は仲介で売却するより、売却価格が安くなる傾向にあります。その理由は、すぐに現金化できるため時間のメリットを受けている。瑕疵担保責任が免責されている。買取会社が転売する場合、リフォーム等が必要であればその費用などが買取価格に反映されるため。
こうしたデメリットを軽減するためには、事前にどの程度の買取価格になるのかを一括買取査定を利用して、相場を把握しておくと買取交渉を有利にすすめることができます。
不動産査定エージェントは、【最大6社】の売却査定額を一括無料査定