私たちの健康に寄与する機能性食品は、大きく分けて「プロバイオティクス」「プレバイオティクス」「バイオジェニックス」の3つのいずれかから成り立ちます。では、その3つの違いとはどんなものでしょう?
まず、バイオジェニックスは、腸内フローラを介することなく身体に直接作用することが、プロバイオティクスやプレバイオティクスとの大きな違いです。
また、バイオジェニックスは、「生物により生成された」という語源の通り、タンパク質、酵素反応などで生成される二次代謝物であり、有機化合物 (無機化合物は除外)であることがその条件となります。
一方、プロバイオティクスは、人の健康に働きかける生きた微生物(細菌や酵母など)の働きを解説したものです。また、プレバイオティクスは、腸内に棲みついている善 玉菌の増殖を促し、腸内フローラのバランスを整える食品成分のこと(簡単に言うと善玉菌の餌になるもの)で、腸内フローラを善玉菌優勢にさせる手段になり得るものなのです。
「スッキリ炭べえ 」で、【便秘解消+腸内環境を整え】ポッコリお腹もスッキリ♪