有料動画サイトの中には、稀ではありますが、著作権を侵害して無断で配信を行っている動画サイトもあります。このような、著作権侵害の有料動画サイトに入会すると、ユーザーも色々なリスクを負うことになります。
2012年10月1日に、著作権法の新しい規定が施行されました。これにより、著作権法違反の動画だと知ってダウンロードした場合、利用者にも刑事罰が科されることになりました。その刑事罰の具体的な内容は以下のとおりです。
■2年以下の懲役
■もしくは200万円以下の罰金
■併科(懲役と罰金の両方が科せられる)
通常、逮捕されるなら著作権を侵害している動画サイトが先で、そのユーザーがいきなり逮捕される可能性は低いと思いますが、それでも著作権法違反には違いありません。
もし、著作権を侵害した動画サイト側が逮捕されたとしたら、捜査過程でユーザーの名前が出てくることは十分ありうる話です。
著作権を侵害した動画配信がはびこってしまうと、まじめにオリジナル動画を作成している会社やスタッフ、それに、出演者も多大な迷惑を及ぼしてしまいます。そうなると、良質の動画作品が世に出なくなってしまいます。著作権を侵害した有料動画サイトには、絶対に入会しないようにしましょう。
4610